大村建築設計事務所BLOG

社員旅行 in 香川 1日目

7月8-9日に社員旅行に行ってきました。

スライド2.JPGスライド3.JPG

今年度は香川県の建物等をメインに組み立てたプランで

・香川県庁舎(旧館)

・イサムノグチ庭園美術館

・丸亀氏猪熊弦一郎現代美術館

・地中美術館、李禹煥美術館(直島)

・豊島美術館(豊島) を巡っていきます。

20170708_004639125_iOS.jpg

事務所を朝方に出発し淡路島を縦断し昼前に香川に到着です。

IMG_4395.jpg

まずは腹ごしらえということで

香川の郷屋敷さんでうどん会席を頂きます。

IMG_4396.jpg

うどんが想像していたよりやわらかかったのですが

うどんのコシというのはやわかくても歯ごたえがあることだそうで

固ければいいってもんじゃないということでひとつ勉強になりました!

IMG_4399.jpg

イサム・ノグチ庭園美術館に到着です。

事前予約が必須なのでいかれる前はご注意下さい。

DSCN4190.jpg

美術館なので写真撮影はNGなので外部からパチリ

代表作の「エナジー・ヴォイド」は酒蔵を改修された展示スペースに置かれていて

高さ3.6mの迫力ある作品でした。

「真夜中の太陽」はどうやって作成されたのかがとても気になりました。

他にはイサム家や彫刻庭園があります。

IMG_3550.jpg

お次は香川県庁舎!丹下健三さんの最高傑作と名高い建築です。

事前に見学申し込みをすると県職員の方がガイドをしてくださいます。

平成29年8月以降は耐震改修工事をするそうなので見学ツアーは休止されるそうです。

この耐震改修工事は基礎に免震装置を設置し建物自体はそのまま残すという方法だそうで

後世に残る建物はこうやって受け継がれていくんだな~と感動しました。

IMG_3545.jpg

開放的なピロティが広がります。

IMG_3553.jpg

日本的な庭園が庁舎の前にあります。太鼓橋をイメージされた橋でしょうか。

常に開放され市民の憩いのスペースだったようです。

IMG_3541.jpg

猪熊弦一郎さんの壁画。高松出身の画家でイサム・ノグチさん、丹下健三さんとも周知の仲だったようです。

なんとなしにチョイスした今回の建築ツアー1日目の共通点がここにきて明らかになりました!

IMG_3555.jpg

大会議室です。ここは当時からの状態が一番保たれている場所だそうです。

DSCN4224.jpg

気持ちのいいホールです。

IMG_3567.jpg

ベランダにも案内していただけます。

小梁も薄くて正確にコンクリートが打たれていますが当時は異型鉄筋が非常に珍しいと

言われていたような時代なのでコンクリートをすみずみまでいきわたらせる為に

大勢の作業員が竹でつついて打設したそうです。

IMG_3570.jpg

非常に丁寧に打ち込まれています。

IMG_3583.jpg

庭園を見渡せるロビー

IMG_3577.jpg

この下のガラスがあることで外部とのつながりを感じられ、かろやかに見える効果があるそうです。

IMG_3589.jpg

巨大な石から作られた受付カウンター

一時間ほどのツアーでいろいろと勉強になりました。

IMG_3619-1.jpg

つぎは本日最後の丸亀氏猪熊弦一郎現代美術館。

谷口吉生さんの設計です。

IMG_3596.jpg

巨大なオブジェが正面に置かれています。

IMG_3594.jpg

大きさが伝わるでしょうか笑

IMG_3595.jpg

エントランス部

IMG_3609.jpg

気持ちのいい美術館でした。

これにて一日目終了!

晩御飯はれんげ料理店さんで頂きました。

高松では飲みの〆にカレーうどんを食べられるそうで社長と悟子さんが実践されてました。

月別アーカイブ

  • > 2017年7月 (2)
  • > 2017年5月 (1)
  • > 2017年4月 (5)
  • > 2017年3月 (5)
  • > 2017年2月 (5)
  • > 2017年1月 (9)
  • > 2016年12月 (3)
  • > 2016年11月 (5)
  • > 2016年10月 (4)
  • > 2016年9月 (2)
  • > 2016年8月 (8)
  • > 2016年7月 (2)
  • > 2016年6月 (2)
  • > 2016年5月 (6)
  • > 2016年2月 (1)
  • > 2016年1月 (3)
  • > 2015年12月 (2)
  • > 2015年11月 (1)
  • > 2015年10月 (3)
  • > 2015年9月 (3)
  • > 2015年5月 (2)
  • > 2015年4月 (1)
  • > 2015年2月 (1)
  • > 2015年1月 (2)
  • > 2014年12月 (2)
  • > 2014年11月 (2)
  • > 2014年10月 (5)
  • > 2014年9月 (2)
  • > 2014年8月 (1)
  • > 2014年5月 (1)
  • > 2013年7月 (1)
  • > 2013年4月 (7)
  • > 2012年7月 (4)
  • > 2012年6月 (20)
  • > 2012年5月 (16)
  • > 2012年4月 (6)
  • > 2011年12月 (2)
  • > 2011年11月 (1)
  • > 2011年10月 (2)
  • > 2011年9月 (1)
  • > 2011年8月 (28)
  • > 2011年7月 (2)
  • > 2011年5月 (25)
  • > 2011年4月 (16)
  • > 2011年3月 (3)
  • > 2011年2月 (1)
  • > 2011年1月 (3)
  • > 2010年12月 (1)
  • > 2010年9月 (1)
  • > 2010年8月 (6)
  • > 2010年7月 (2)
  • > 2009年9月 (1)
  • > 2009年6月 (26)
  • > 2009年5月 (5)
  • > 2009年4月 (3)
  • > 2009年3月 (1)
  • > 2009年2月 (2)
  • > 2009年1月 (6)
  • > 2008年12月 (1)
  • > 2008年10月 (2)
  • > 2008年9月 (8)
  • > 2008年8月 (6)
  • > 2008年6月 (5)
  • > 2008年4月 (13)
  • > 2008年3月 (5)
  • > 2008年2月 (14)
  • > 2008年1月 (5)
  • > 2007年12月 (18)
  • > 2007年11月 (16)
  • > 2007年10月 (24)
  • > 2007年9月 (8)
  • > 2007年8月 (13)
  • > 2007年7月 (23)
  • > 2007年6月 (22)
  • > 2007年5月 (2)
  • > 2007年4月 (3)
  • ページトップへ