大村建築設計事務所BLOG

社員旅行 in 香川 2日目

2日目は直島と豊島をメインに巡るアートな日程です。

朝うどんからのホテルの朝食バイキングをこなす猛者もいました笑

20170708_214822736_iOS.jpg

四国汽船の高速旅客船で直島を目指します!

海のサンダーバードにお世話になります。

IMG_3622.jpg

IMG_3636.jpg

高松港から約30分ほどで直島の宮浦港に到着です。

直島での移動はレンタサイクルで各自好きなところへ行きます。

事前に予約する際に普通の自転車と電動自転車で選べたのですが

パンフレットに急勾配注意!とわざわざ書いてあるのに反骨精神をもち普通自転車を選んだ4人・・・

DSCN4268.jpg

めっっっっっっっっちゃ後悔しました。

これからは注意書きには素直に従おうと思います。

宮浦港から最短ルートで地中美術館に行かれる予定のある方は迷わず

電動自転車を選んでください。夏場は特にしにます。

IMG_3623.jpg

坂の途中でみえる景色も楽しめなくなるくらいにはきっつい坂道です!!!

IMG_3627.jpg

なんとかして地中美術館に到着。設計は安藤忠雄建築研究所です。

建築と展示空間が一体となっている美術館で

ウォルター・デ・マリア、ジェームズ・タレル、クロード・モネの3人の作家の作品が展示されています。

モネの睡蓮が飾られている展示室の床が大理石のモザイクで裸足で歩くととても気持ちよかったです。

IMG_3625.jpg

美術館に向かう途中の池には睡蓮が咲いていました。

帰りは下るだけなのでラクチンです。ブレーキハンドルをにぎりしめ下っていきます。

IMG_3628.jpg

藤本壮介さんの「直島パヴィリオン」  内部に入ることができます。

IMG_3630.jpg

草間彌生さんの「赤かぼちゃ」 こちらも内部に入ることができます。

IMG_3633.jpg

20170709_021902018_iOS.jpg

こちらは「黄かぼちゃ」

直島から豊島へ移動します。

IMG_3639.jpg

高速旅客船で大体20分で豊島に到着です。

こちらの島ではレンタカーを使って移動します。

滞在予定時間が短めの方はレンタサイクルよりレンタカーのがオススメです。

こっちも豊島美術館までほぼほぼ坂道でした。

IMG_3641.jpg

車で10分くらいで豊島美術館に到着

IMG_3647.jpg

アートスペース 緩やかな丘陵を描いています。

IMG_3648.jpg

こちらはカフェとミュージアムショップです。

DSCN4285.jpg

遊歩道を歩いていくとアートスペースに出ます。

201707101349-1.jpg

内部の空間すごかったです。あの場でないと体感は出来ませんが

内部にいる人がどこにいても絵になって何もないのに何時間でもずっとそこにいれそうな場所でした。

201707101349-3.jpg

随所から水が出ていてその水が床を移動し水たまりになります。

時々水琴窟のような音がしてとっても気持ちのいい空間でした。

IMG_3660.jpg

直島に別れをつげフェリーで高松港へ。

フェリーはのんびりと50分程の船旅です。

IMG_4408.jpg

帰り道に淡路サービスエリアでたまねぎラーメンを頂きました。おいしい!

天気予報では雨の予報でしたがなんとか降られることもなく2日間過ごせました~。

事務所みんなの日ごろの行いが良いからですかね!・・・ね!

楽しくて勉強になった2日間でした。来年はどこに行けるかな~。

月別アーカイブ

  • > 2017年7月 (3)
  • > 2017年5月 (1)
  • > 2017年4月 (5)
  • > 2017年3月 (5)
  • > 2017年2月 (5)
  • > 2017年1月 (9)
  • > 2016年12月 (3)
  • > 2016年11月 (5)
  • > 2016年10月 (4)
  • > 2016年9月 (2)
  • > 2016年8月 (8)
  • > 2016年7月 (2)
  • > 2016年6月 (2)
  • > 2016年5月 (6)
  • > 2016年2月 (1)
  • > 2016年1月 (3)
  • > 2015年12月 (2)
  • > 2015年11月 (1)
  • > 2015年10月 (3)
  • > 2015年9月 (3)
  • > 2015年5月 (2)
  • > 2015年4月 (1)
  • > 2015年2月 (1)
  • > 2015年1月 (2)
  • > 2014年12月 (2)
  • > 2014年11月 (2)
  • > 2014年10月 (5)
  • > 2014年9月 (2)
  • > 2014年8月 (1)
  • > 2014年5月 (1)
  • > 2013年7月 (1)
  • > 2013年4月 (7)
  • > 2012年7月 (4)
  • > 2012年6月 (20)
  • > 2012年5月 (16)
  • > 2012年4月 (6)
  • > 2011年12月 (2)
  • > 2011年11月 (1)
  • > 2011年10月 (2)
  • > 2011年9月 (1)
  • > 2011年8月 (28)
  • > 2011年7月 (2)
  • > 2011年5月 (25)
  • > 2011年4月 (16)
  • > 2011年3月 (3)
  • > 2011年2月 (1)
  • > 2011年1月 (3)
  • > 2010年12月 (1)
  • > 2010年9月 (1)
  • > 2010年8月 (6)
  • > 2010年7月 (2)
  • > 2009年9月 (1)
  • > 2009年6月 (26)
  • > 2009年5月 (5)
  • > 2009年4月 (3)
  • > 2009年3月 (1)
  • > 2009年2月 (2)
  • > 2009年1月 (6)
  • > 2008年12月 (1)
  • > 2008年10月 (2)
  • > 2008年9月 (8)
  • > 2008年8月 (6)
  • > 2008年6月 (5)
  • > 2008年4月 (13)
  • > 2008年3月 (5)
  • > 2008年2月 (14)
  • > 2008年1月 (5)
  • > 2007年12月 (18)
  • > 2007年11月 (16)
  • > 2007年10月 (24)
  • > 2007年9月 (8)
  • > 2007年8月 (13)
  • > 2007年7月 (23)
  • > 2007年6月 (22)
  • > 2007年5月 (2)
  • > 2007年4月 (3)
  • ページトップへ